CentOS7 Gnome付箋アプリXpadのインストール

投稿者: | 2016年4月6日

1.メモ帳アプリが必要

CentOSに付箋アプリをインストールしたいので、調べてみるとKnotesとXpadというLinux用のフリーソフトがありました。

GnomeベースのCentOSを使っているので、KDEベースのKnotes使えない、そしてXpadはUbuntuのパッケージで、yumでインストールは出来ないみたいなので、ソースからインストールします。

Xpadのホームページからソースをダウンロードできます。
Xpad – https://launchpad.net/xpad

2.インストール

ソースのコンパイルに必要なパッケージを先にインストールしておく。

# yum install gtk3-devel libSM-devel intltool

コンパイルとインストール

# tar -xf xpad-4.7.0.tar.bz2
# cd xpad-4.7.0
# ./configure
# make
# make install

インストールしたあと、Applications – Accessoriesから実行できます。
Screenshot from 2016-04-06 16-36-55

Screenshot from 2016-04-06 16-52-58

3.基本操作

付箋を移動するにはCtrlを押しながらマウスで移動します。

また、Xpadを実行しているとき、すべての付箋を閉じたあと新しい付箋を作成するには、もう一度Xpadを実行するのではなく、トレーの中にあるXpadのアイコンを右クリックしてNewを使う。

Screenshot from 2016-04-06 16-57-34
Screenshot from 2016-04-06 17-05-47

Preferencesでフォント、自動スターアップなどいろいろな設定ができます。

4.追記

一つ残念なところ、パソコン再起動したあとノートの配置が乱れることが確認しました。(Xpad 4.7 + CentOS 7.2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です