Shadowsocks-libev コンパイルメモ

投稿者: | 2018年7月23日

0.Download

公式のgithub releasesからreleases版のshadowsocks-libev-xxxをダウンロード。
なぜかsourceのほうをダウンロードして公式の説明に従ってコンパイルするとautogenでエラーが出てそのあとのconfigureもエラーでうまく行かない。

1. Comiple

直接configure -> makeで/usr/localにインストール。
debとrpmにコンパイルするscriptも付いているけどなんかまたエラーが出そうの予感でシンプルの方法でやりました。

Ubuntu / Raspbian

CentOS

2.Setting

Server

/etc/shadowsocks-libev/config.json に以下を追加

sudo ss-server -c /etc/shadowsocks-libev/config.json で起動

“server”: [“::0″,”0.0.0.0″]はIPv6, IPv4両方listenする設定なので、IPv4しか使わない場合”server”: “0.0.0.0”でOK.
詳細はman shadowsocks-libev

Client

ss-local -s (server_address) -p (server_port) -l (local_port) -k (password) -m (encrypt_method) で起動
あとはproxyをlocalhost:(local_port)に指定すれば良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です